【第1回】楽にならない腰痛の原因・・実は「おなかのこり」だった!

  • 腰痛で仕事や受験勉強に集中できない
  • 整体でバキバキと、骨盤調整してもなかなか良くならない
  • 腰の張りが強くて、叩いてもマッサージしてもすぐに痛みが出る
  • 腰だけでなく首や背中の張りもある
  • 腰痛もあるが脚の長さが左右違う気がする

なかなか腰痛が改善しない方は、こんな症状で悩んでいるのではないでしょうか?

腰の張りが強いからといって、張りを感じるそこだけをいくらもんでもなにも変わりません。

腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉をゆるめないと、がんこな腰痛は変わっていかないんですね。

腸腰筋ってどの筋肉?

腸腰筋というのは・・・

腸骨筋(赤:ちょうこつきん)と大腰筋(緑:だいようきん)そして小腰筋(紫:しょうようきん)の3つを総称して呼んだもの。

腸腰筋=腸骨筋+大腰筋+小腰筋というわけです。

見ておわかりのように、この筋肉はおなかの深いところにあります。

おなかと背骨から出て、下腹部のあたりぐらいにある、腰痛の解消にとっても大事な筋肉なんです。

腸腰筋がこるとどうなるのか・・・

腸腰筋の近くには腎臓もあります。

だから腎臓の調子が悪くなって腰痛を引き起こす場合もあれば、腸腰筋のコリで足の冷えやむくみをひきおこしたりもします。

いちばんの問題はここが短くなると、骨盤が後ろに倒れてしまいそれが原因で腰痛がおきるんです。

骨盤のそれぞれの名前

骨盤は大きく3つの骨からできています。

2つの腸骨(ちょうこつ)もしくは寛骨(かんこつ)と、1つの仙骨(せんこつ)からできています。

①腸骨(寛骨)
②仙骨
③恥骨

妊娠すると③の恥骨が開いて、出産後うまく閉じていかず、恥骨痛で来院する方も多く、ここの高さが違う(ようするに左右の恥骨がずれている)と膝痛にも関係します。

そして、①と②の合わさる場所、仙腸関節(せんちょうかんせつ)はAKA博田法(AKA療法)でも有名です。

まとめ

●おなかのコリ=腸腰筋のコリ

●がんこな腰痛は腸腰筋をゆるめて、骨盤調整をするべし!

腸腰筋をゆるめてもらって、腎臓なども関係してないか、骨盤と内臓の両方を調整して腰痛を治療していきましょうね!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加