HOME > 自律神経の乱れ(不眠、イライラ、 集中力低下、低体温)

自律神経の乱れ(不眠、イライラ、 集中力低下、低体温)

自律神経失調・不眠・体の冷え・猫背・肩こり:鹿児島市在住80歳代女性

jiritsu2
jiritsu3

不眠,寝ても疲れがとれない・・・等の訴えでお越しのTさん。

背中のコリ・張りが強くて、
足がつかないくらい高いベッドに座ると後に倒れそうになります。

不眠や、「睡眠時間をとっているのに寝た気がしない」
こう言った悩みを持ってる方の80%は、背中に強い張りがあります。

猫背が関係あるんですね^^
そこにアプローチしていくのが、施術のポイントです。

Tさんのからだは右にも傾いていて、頚の歪みもありました。

jiritsu5


jiritsu6

整体の前に、下向きだった顔も前を向いてますね。

重点的に施術したのは背中ではなく、反対側の胸〜おなか。

おなかまわりのこりをじっくりゆるめました。

その結果、体の歪みが矯正されました。
手で支えなくても座れます。

『症状のある、その場所に原因はない!』んです。

coment

ちゃんと眠れないと、小さな事でもイライラします。

集中力も落ちて仕事がはかどらなくなります。

お母さんがイライラすると、赤ちゃんも子供も言うこと聞かなくなります。

夜に寝付きが悪い方、だいたいこんな3つの訴えをします。

・夜のトイレで目が覚めて、そのまま眠れなくなる

・眠りが浅く、寝てるのに眠った実感がない

・寝たのに、朝目が覚めると疲れている

体に良くないと思いながら、薬を病院でもらう人も多いようです。

飲むと眠れるんですが、翌朝がつらいですよね。
午前中いっぱいは頭がボーッとするんですね。

マッサージや整体で不眠も対応できるんですよ。

眠れない方の背中はバリバリに張っています。
もちろん、くびコリ・肩こりもすごいです。

そこを緩めるためには、反対側の『おなかのコリ』をほぐすのが第一。

「薬は飲みたくないけど眠れないから・・・」
Tさんと同じ悩みを抱えてる方は参考にしてみてください。

不眠の原因、背中の強い張りは『おなかのこり』が関係してるんですよ〜

症状について詳しく知りたい方はこちらをクリック↓

鹿児島市自律神経失調症の治療は、


お問い合わせください

『ホームページを見て』と今すぐお電話ください

電話をかける

▲ページトップに戻る

オススメのコスメ