HOME > 内臓の不調 > 食べ過ぎて胃がもたれる方のセルフケア

食べ過ぎて胃がもたれる方のセルフケア

食べ過ぎはからだの老化をはやめる原因

食欲の秋と言われる季節になりました。

梨に栗に、ここ鹿児島ではサツマイモもたくさん取れて、焼き芋やがね(注:いもと一緒に作るかき揚げのようなもの)などでお腹いっぱいになる季節です。

食べ過ぎが続くと、とうぜん体重が増えていきますね。

カロリーを取り過ぎると、余分なエネルギーが発散できなくなります。

そうなると仙骨の2番や腰椎の3番のすぐ横の筋肉のコリが強くなって、触ってみるとかたまりのように感じることがあります。

仙椎の2番と腰椎の3番の弾力がなくなるのは老化した状態。

性機能とも関係する場所なのですが、肥満の状態とは余計なエネルギーが発散できなくなった状態のこと。

性の発散機能として食欲が増大して、ますます体重が増えて行くことになります。

太るだけならまだしも、エネルギーが有り余ったからだは寝ても完全にゆるみきらないので、睡眠不足のような状態が続きます。

食べた分だけ運動すれば良いのですが、現状では動く以上に食べ過ぎている方が多いんです。

異常な食欲は老化を早めるので、お腹がグーグー鳴ってもいない時は食事を抜くのもおすすめです。

食べ過ぎの時の足の指を使ったケア

食べ過ぎケア
足の中指と薬指のゆびの間、骨のつけ根の部分を足首の方へ向かって押し広げてください。

2〜3分ほどやっていると、その部分が開いてきて胃腸が楽になっていきます。

これは胃けいれんや冷え症の方にも使える技なので覚えておいてくださいね。

腰痛解消のセルフケア

後頭部は生殖のちからの象徴であり、それゆえに腰と深い関係がある場所です。

腰痛の時にはこの後頭部を、コンコンと軽く叩くだけで腰が楽になったりします。

腰痛にしょっちゅう悩まされてる方は知っておくとよいでしょう。

1.腰痛のある側の後頭部を触って、頭皮のゆるんだ場所を調べる。

2.そのゆるんだ部分で、軽く押すと”じーん”と特に、痛気持ちいい感じのするところを探す

3.その場所をしばらく”コンコン”と叩く

4.ここまで終わったら、手のひらをそのゆるんだ部分に当てておく

腰痛というのは腰が曲がってくる老化への反発でおこるものです。

本格的に歳を取ってくると腰痛というのはなくなります。

そんなわけで、腰痛で後頭部を叩いても痛みが変わらない場合、年齢に関係なくからだが硬化している証拠です(^_^;

『ホームページを見て』と今すぐお電話ください

電話をかける

▲ページトップに戻る

オススメのコスメ