痛み止めが手放せなくて、手術も決まっていた脊柱菅狭窄症の痛みが改善

お客様写真

坐骨神経痛で歩行困難になり、寝ても痛みで眠れず薬が手放せない状態。
手術の予定もほぼ決まってましたが「整体がいい」と友人から聞いて来院しました。

 

ソフトなタッチで「これで効果がでるの??」という感じでしたが「首の歪みがほんとうの原因」ですといわれ、そのとおりに改善していくのが意外でした。

 

回数を重ねるたびに良くなって、歩行も楽になりどんどん元気になっています。

鹿児島市在住 竹迫克宏さん 70代男性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

寝てるとつらい背中の圧迫感が楽になりました
痛くない整体を探してる方におすすめです!
手術も覚悟した、腰椎ヘルニアと分離症で悩んでいた激痛がウソのようです お客様写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加