日焼けしてしまったお肌を白くするケア

気温が上がってくると半袖のシャツとか、薄着になりますね。

そんな季節に頭を悩ますのが日焼け・・・

肌が黒くなるのは紫外線を吸収しすぎないようにする、からだの防御反応です。

適度な日焼けは骨を丈夫にしたり、呼吸器の病気を防いだりといった良い点もあるのですが、しみになったり仙椎の2番の動きが悪いといつまでも肌の色が白くなりません。

この仙骨の動きを良くする『色白体操』を紹介します。

この2種類(4つ)の体操を7セットずつやります。どの体操もゆっくりやるのがポイントです。

1-①息を吸いながらお尻を持ち上げてからだをそらします。

1-②息を吐きながら背中を床につけてください

2-①息を吸いながら腕立て伏せのような姿勢をとります

2-②つぎに息を吐きながら下半身を床につけて、からだをそらします。

以上です。

 

以上の2種類の体操をやっていってくださいね。

女性は骨盤が動きやすい構造をしてるので、肌のいろが白に戻りやすいです。

盛夏はもちろん、外にいる時間が多くて日焼けしたと感じたら予防の意味でもやっておくのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加