【第4回】太って見える原因が「おなかのコリ」のせいって気づいてましたか?

骨盤が倒れるとおなかが出っ張って見える

体重は増えていないのに、近頃スカートがきついと感じていませんか?ウエストのくびれがなくなった原因

その原因はおなかに、コリがあるからなんです。

『おなかが固い方が、締まってみえるのでは??』

そう考えがちですが、実は違います^^

腹筋がバリバリ見える『硬さ』とコリは別物です

おなかが固くなると姿勢が悪くなります。だから、骨盤が後ろに倒れておなかが出て見えるというわけ。

イスに座って体をまっすぐにしたときと、大げさに猫背の姿勢をとってみたのを比べると、おなかが出っ張るの実感できませんか?

 

常に姿勢を意識して(猫背にならないように)いれば、凹んだままのおなかになるのですが、そうすると呼吸が浅くなりますよね。

骨盤が後ろに倒れている状態で、からだを起こすのは不自然だから・・・

つっぱってるおなかを無理に伸ばすから、そう感じるんです。

おなかに脂肪がつきやすくなる

おなかが硬いと内臓脂肪が燃えにくくなるんですね。

内臓が血行不良を起こしている・・・つまり、血のめぐりが悪くなるので内臓も酸素不足を起こす。

だから脂肪が燃えにくくなるんです。

それだけじゃありません。

下腹が出っ張ってる状態というのは、腸が圧迫されてる状態と同じ・・・

便秘がちの方はそういうワケです。

さらに下の子宮・卵巣も圧迫を受けて、便秘だけでなく生理痛や生理不順など、女性特有の悩み関係してきます。

もし、おなかが他の場所に比べて冷たいとか、低体温を感じているのだったら、

代謝が悪くて脂肪が燃えないので、おなかの出っ張りを常に気にすることになりますね。

おなかのコリを解消していくと、基礎体温も高くなって内臓脂肪も燃焼されやすくなるんです

まとめ

●おなかが出ているのは骨盤が後ろに倒れているせい

●おなかがだぶつくのは内臓の血行不良で体温が低いから

骨盤を立つように調整して、内臓の位置を上に持ち上げる

そのためにはおなかのコリをほぐして、骨盤を整えれば良い!ってことですね

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加