ギックリ腰は温めるのがいいいのか、冷やすのがいいのか・・

ぎっくり腰

結論

温めるのも正解、冷やすのも正しい』が答えです。

 

今までの医学では、急性期の症状(捻挫やギックリ腰など)は冷やすのが常識でした。しかし、ここ数年は温めることを勧めるお医者さんもいます。

 

冷やすと痛みの感覚が鈍くなり、症状が楽になって良くなった気がする。
温めると痛みが(さらに)強くなってくるのですが、回復は早くなる傾向にあります。

冷やすと、一時的に痛みは抑えられるのですが、回復に時間がかかってしまうんんですね。

 

冷やすのは対症療法的で、温めるのは根本治療になるとも言えます。

 

どうしても休めない用事があって、でも痛みだけは何とかしたい!
そんな方には冷やすのを勧めますが、休養をとれる状況にあれば温める選択肢もあり・・・というわけです。

だから温めるのも冷やすもの正解ですが、ケースに合わせてあなたが選択してください。

・冷やすとそれ以上、痛みが強くならないが、回復に時間がかかる
・温めると痛みが一時的に強くなるが、回復は早くなる

どちらを選択するのかは、状況に合わせて選ぶ。

整体【温々堂】オススメのあたためる方法

温めるというと、湿布やホッカイロで温めるのを思い浮かべますね。
腰の痛みのある場所を温めるのに、追加してやって欲しいのが『おなかも温める』ということ。

 

ギックリ腰や慢性の腰痛の方って、腎臓の冷えが原因のケースが多いです。
腎臓の近くには大腰筋(だいようきん)という筋肉があって、この筋肉がこると骨盤を歪めちゃうんですね。

 

腎臓が冷えるもしくは、疲労することによって大腰筋の弾力がなくなってる場合があります。だから腰が痛むときは、痛みのある部位に追加して、痛みのある場所と正反対のおなか側も温めてください。

選択肢の1つとして参考にしてみてくださいね。

腰痛の部位だけでなく、そこと対称の位置にある、おなかの箇所も温める!

ギックリ腰について詳しくはこちら

ギックリ腰

ギックリ腰に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加