AKA療法:腰の激痛は仙腸関節機能障害が原因?

このような症状を感じている方は、ぜひ当院へお越しください!
あなたの悩みは整体おんおんどうが解決いたします。

  • ギックリ腰の激痛は取れたようだが違和感や張りが残ってる
  • 毎朝布団の中、激痛で目が覚める
  • 鉛筆を拾おうとしたらギックリ腰になった
  • 咳やくしゃみをすると腰に痛みが出る
  • 横向きでしか寝られない

腰痛のもう一つの原因、仙腸関節の機能障害を知ってますか?

AKA療法で有名になった仙腸関節の関節機能障害ですが、この場所を整える手技は正式名称『AKA博田法(エーケーエーはかたほう)』と言います。(”ひろた”ではなく”はかたほう”ですよ^^)

この手技を発見したのが、整形外科医の博田節夫先生です。

仙腸関節

腰痛の原因は筋肉のコリ・炎症、骨盤の歪み、腰椎の歪み、内臓の不調があります。
でも、仙腸関節の機能障害についての腰痛は、知らない方が多いのではないでしょうか?

 

仙腸関節とは『仙骨と寛骨(骨盤)』の合わせ目のこと。
動かないとされる関節ですが、ある姿勢をとってもらってアプローチすると1mmほど動きます。

画像を見てもらえばわかりやすいですが、ここって体の土台になる部分。
この上に腰椎、胸椎、腰椎、頚椎、あたまが乗っかっています。
だからここがゆがむと、腰痛以外の体の不調にも影関係があるって理解できます。

土台が傾いた家って、生活するのが大変・・・ってイメージしやすいですよね。

 

仙骨って背骨はもちろん、からだ全体の土台になっています。

その土台を頑丈にする役目を持つのが仙腸関節。

”不動関節”といわれた時代もありましたが、今では数ミリ程度の動きを持った、可動関節として認められているようですね。

AKA療法の治療院も増えて、大きな悩みを抱える患者さんが少なくなるのが嬉しいです。

傾いた家

先ほども言ったとおり、仙腸関節は家で言う土台に当たる場所。

斜めに建ってる家はちょっとの揺れでも倒れやすい。からだだと歪みやすいので、腰だけでなく上半身にも悪影響を及ぼします。

仙腸関節が歪むと、腰痛はもちろん、肩の痛みも引き起こしたりします。

仙骨の位置は骨盤の後ろで、背骨の土台に当たる部分。
つまり、仙骨には胸椎、頸椎が乗っています。

仙骨にわずかな歪みがあると、離れた位置にある場所ほど、ずれが大きくなってしまう・・・
からだ全体が歪むと、肩に異常もでますし、全身が歪むのでもちろん、自律神経にも悪影響を及ぼします。

仙骨

仙骨って手のひらと同じ大きさって知ってましたか?(指をのぞいた部分のまさに”掌”です)

こんな小さな骨で体全体を支えてるわけですから、少しでも歪むとからだに及ぼす影響がはんぱないってこと理解してもらえるんじゃないかと思います。

仙腸関節面はL字型

肩や股関節と違い、仙腸関節は面と面でできた関節なんです。

面同士なので不安定さを補うために実際は、たくさんの靱帯で補強されています。

 

くの字とL字でくさび形の関節面ってのが、ぱっと見で理解できるんじゃないでしょうか!?

からだの中心で、土台の役割を持つ、安定して強固な関節であるべき、仙腸関節ですが、実はここが動かないと体を曲げることが難しくなるんです。

前屈の時には仙骨が前屈しないと不可能ですし、歩くときには股関節だけでなく仙腸関節も動いているんですよ〜

仙骨のもっと大切な役割

くも膜下腔と脳脊髄液

仙腸関節ってからだの土台の役割と同じくらい、大切な事があります。

それは脳脊髄液を循環させるという役目。硬膜管(こうまくかん)って聞いたことありますか?

くも膜下出血って病気は聞いたことありますよね!?

脳みそは、軟膜で覆われていてその外側がくも膜、そのいちばん外側が硬膜って言われる場所なんです。

この硬膜って実は仙骨からでているんですよ。

そんでもって、脊髄を包むようにして頭蓋骨までいってる。

 

簡単に説明するとこんな感じです。ただ、硬膜管の中は空洞ではなく、脳脊髄液というリンパのおおもとの液体で満たされています。

脳も脊髄も水の中で浮かんでいるイメージですね。

だから仙腸関節が歪むと、頭蓋骨も歪んで自律神経失調症とか、内蔵の不調にも関係するわけです。

脳脊髄液はただのクッション剤ではなく、脊髄などへの栄養補給の役割もあるんです。

だから常に流れていなけりゃならない。その液体を流すのが仙骨の前屈と後屈なんです。

がんこな腰痛の原因にもなる、仙腸関節の歪みですが、自律神経失調や頭痛の原因にもなってるってこと・・・

知っておいてくださいね!

軽いタッチのAKAー博田法

前屈が楽に

いろんな手技があるAKAですが、よく使うのが”前上方滑り”というワザ。

横向きに寝て、仙骨を軽い力で数秒触れているだけ。
軽い力でアプローチするからこそ、痛みの激しい部位に適しているといえます。

 

前屈がこんなに楽になります。ただし、これだけではもとの痛みが戻るのも早いです。。頚や内臓も整えなければだめなんです。

腰痛以外のからだの痛み・異常についても、仙腸関節の機能異常を整えるのは大事なこと。でもこれだけではまだ不十分。

鹿児島の整体マッサージ【温々堂】では、
AKA療法だけでは解決できない、痛みのきつすぎる症状の方に他の施術も併用しています。

AKA療法にこだわらず、全身を調整していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加