HOME > 肩の痛み

肩の痛み

肩の痛み・猫背:鹿児島市在住30歳代女性

肩の痛み2
肩の痛み1

腕を後に持って行くと、肩の痛みがあるようで、エプロンや下着の着衣にとっても困っているそう・・・

肩の痛み4
肩の痛み阿1

原因は肩ではなく、痛みのある反対側・・・からだの前面、つまりおなかにコリがあることで、肩の痛みが出ていた。

お腹をゆるめて、それから肩甲骨まわりの筋肉のコリをほぐしました。

おなかまわりのコリもゆるんで、猫背も解消。

その結果、右腕を後に持って行っても、痛みは楽になりました。

『痛みのある、その場所に原因はない!』典型です。

肩の痛みの原因ははっきりしましたが、コリは他の部位にも残っています。

2回目以降、体の歪みがどのくらい戻ってしまってるか?
痛みはどのくらい戻ってるか?

次に確認して、全身そして内臓も調整していきましょうね。

肩の痛み・猫背・パーキンソン病:鹿児島市在住80歳代男性

kata2

パーキンソンの持病があり、近所のデイケアに通所中。

歩行困難はもちろん、パーキンソンによる踵重心の歩行。

半年前より右肩の痛みがリハでも変化しなかった。
こういった症状の方は、左の下腹部のこりと関係があります。
痛い肩と反対側の股関節に原因があるんですね。

kata3

右肩に関する施術は2回。
(これまでの13回の施術では全身調整がメインでした。)

でも重点的に施術したのは肩ではなくいっけん関係なさそうな左側股関節・下腹部周り。

おなかまわりのこりをじっくりゆるめました。

その結果、右肩が痛みもなく上げられるようになりました。

『痛みのある、その場所に原因はない!』ってことです。

coment

肩の痛みがなかなか楽にならない。
そう嘆いているあなたはどんな施術を受けていますか?

Kさんと同じで、痛みのある肩には原因はなく、反対側の股関節周辺つまり『下腹部のこり』が、肩の痛み関係してるんです。

肩が痛いからと言って、そこにいくら電気をかけてもマッサージしても痛みは軽減しません。

だって、肩に原因はないのですから。

・肩甲骨の動きの悪さ
・首のゆがみ

ももちろん関係していますが、痛い肩と反対側のおなかのこり。
ここもほぐしてもらってますか?

Kさんは他の持病パーキンソンがあり、そのため歩くのも起きるのも大変な状態。

仰向けにもなれず、からだを左下で、横向きで寝る姿勢しかとれなかったんです。

右肩を下にして寝れないのはもちろん、体の前面。つまり『おなかのこり』による猫背の関係で、

うつ伏せも、仰向けの姿勢がとれなかったんです。

とれる姿勢に制限があり、同じ姿勢を長時間取ることができずで、施術回数がかかってしまいました。

早い時期に信頼できる整体院と出会えるか。そこが大事になってきますね。

『ホームページを見て』と今すぐお電話ください

電話をかける

▲ページトップに戻る

オススメのコスメ