HOME > 整体に通うおすすめの間隔と回数って?

整体に通うおすすめの間隔と回数って?

通常の症状の場合で6回(1ヶ月くらいの間で)を目安に施術しています。

「なんで6回も必要なの?1回で良くなるんじゃないの!?」と思われるかもしれません。

わたしも1回ですべて解消させたい。そんな想いを持って当然施術しています。

その場だけでの変化なら1回で十分ですが、6回ほどはからだの土台を作るのに大切な期間として考えてください。

からだが良くなっていくのはこんなイメージです

からだはつらい状態(マイナスの状態)⇒気になる症状の改善(ゼロ)⇒イキイキ、はつらつした状態(プラスの状態)
と、3つの段階を経て元気になっていきます。マイナスの状態からできるだけはやく、まずはゼロの状態にからだを変化させていきましょう。

整体おんおんどうでは歪みや痛みがでてもひと晩眠れば回復しているからだ作りをめざして施術していきます。

今のあなたは痛みで、ぐっすり眠ることもできなければ動くのにも苦痛を感じるような状態でしょう。

でも、正しい通い方をすればからだは元気になっていきますので安心してください。

●脊柱菅狭窄症やヘルニアによるしびれのある方
●五十肩やいまの症状が長期間続いている方

上記のような重度な症状は、6回ではあまり変化を感じない場合があります。

6回ほどでマイナスの状態をぬけだし、やっとゼロの状態に変化するイメージです。

ですので、6回終わったところからがスタートになっていくとお考えください。

それではなぜ、からだの基礎を作っていくのに時間がかかるのか?

そして整体によってからだが良くなっていく流れや、からだに不調がある状態について説明していきます。

最短でからだを良くする通い方

3回目までのからだの状態と整体の間隔



なんにも変化を感じなかった重症な方も、3回めあたりでからだの変化を感じてきます。
つらい痛みを我慢せざるを得なくて”にぶいからだ”になっていたため施術をしても反応が遅かったわけです。
この集中して通う3回目までがポイントなので、だらだら通わないようにしましょう。

この期間は、からだにたまった悪いものが出ていく時期です。
からだの重だるい感じが続いたり、眠たくなってしまうことが多いです。

この間はふだんより多めにお水を飲むようして、老廃物の排泄を促すようにしてください。

4〜6回までのからだの状態と整体の間隔


整体でめざすべきは痛みがでてもひと晩眠れば翌日には大丈夫になっている状態
しっかり施術をすることで症状がぶり返しにくく、歪みのでにくいからだにしていきます。

この6回であなたの体の土台が整うわけで、戸惑っていた脳も正常なからだの状態を再認識して
症状が出にくくなります。

※痛みの強い方や重症な方、高齢な方、生活習慣の乱れが大きい方は6回では症状が安定しない場合があります。そういった方は基礎を作る期間が、もう少し長くなります。

週に1回だった整体も2〜3週おきと間隔をあけて経過をみていきます。

この頃の体調をみて整体を終了。そしてまた痛くなったら通うか?
もしくは月1回くらいはメンテナンスをして突然に痛みがでない、健康な状態を維持していくのか?

食事・睡眠時間・適度な運動で体調管理がばっちりできる・・・自信がない方はメンテナンスで整体をしていくのが安心ですよ。

7回目以降のからだの状態維持のためのメンテナンス

毎日掃除機をかけていても目につきにくいところはほこりが溜まってきます。

元気にすごしていてもからだにも『疲れ』というほこりが溜まってきます。

自分では気が付かないところにたまった、その疲れをまめにきれいにしていくことで、最初の頃に悩まされてた痛みが出ない環境づくりを継続していってください。

動画で当院の施術の流れをご覧ください

※音声が出ますご注意ください

『ホームページを見て』と今すぐお電話ください

電話をかける

▲ページトップに戻る

オススメのコスメ